赤みのあるニキビ跡を治す○の方法

ニキビ跡を消す方法 > 赤みのあるニキビ跡の改善法

赤みのあるニキビ跡の症状

赤みのあるニキビ跡を治す○の方法

赤みのあるニキビ跡の症状には、それぞれ原因の異なる、『赤みを帯びたニキビ跡』・『紫色のニキビ跡』・『赤黒いニキビ跡』と、軽度から重度までがあります。

 

赤みを帯びたニキビ跡

軽度の赤みを帯びたニキビ跡の原因は、『毛細血管の増加』です。
ニキビの炎症を治す為に、酸素や栄養を運ぶ毛細血管が増加して、ニキビ跡が赤くなります。

 

紫色のニキビ跡

中度の紫色のニキビ跡の原因は、『毛細血管の損傷』です。
肌内部までニキビの炎症が伝わり、毛細血管の損傷が起こり、血液の流出から、ニキビ跡が紫色になります。

 

赤黒いニキビ跡

重度の赤黒いニキビ跡の原因は、『ニキビ跡の放置』です。
ニキビの炎症による血液の流出が起きて、ニキビ跡が紫色になっても、治療を行わずに放っておいた場合、流出した血液が変色して、ニキビ跡も赤黒くなります。

赤みのあるニキビ跡の治療方法と種類

皮膚科や美容クリニックで受けられる、赤みのあるニキビ跡の治療方法は、『ケミカルピーリング』、『レーザーピーリング』、『フォトフェイシャル』の3種類です。

 

軽度から重度の症状にあわせて、最適な治療方法を行うことで、早めの完治が期待できます。

 

 

1.ケミカルピーリング(最適な症状:軽度の赤みを帯びたニキビ跡)

ケミカルピーリング

 

ケミカルピーリングの治療方法は、専用の薬剤を顔全体に塗布して、古い角質を取り除いて『肌再生』を促すもので、炎症抑制から、毛細血管の増加が抑えられて、赤みを帯びたニキビ跡が改善されます。

 

治療期間は、『5ヶ月程度』です。大体の方が、2週間に一度の治療(肌を休める為)を、10回前後行って完治しています。

 

費用は、保険適用外により、1回あたり『1万円〜5万円』が相場です。

 

副作用として、『赤み』やピリピリとした『痛み』や『肌乾燥』がおきやすく、治療後すぐにメイクすることはできません。

 

ケミカルピーリングをする上での注意点は、『カウンセリングを十分に行う』です。

 

カウンセリング時に、敏感肌や乾燥肌など肌の状態を伝えて、治療後の注意点やアフターケアの方法をしっかり確認することで、副作用のリスク低減に繋がったり、万が一の肌トラブルでも慌てずに処理できます。

 

2.レーザーピーリング(最適な症状:軽度の赤みを帯びたニキビ跡)

レーザーピーリング

 

レーザーピーリングは、ケミカルピーリングのように薬剤を使わずに、レーザーのみで『肌再生』が促される為、敏感肌や乾燥肌の方でも、肌の刺激をほとんど感じずに、赤みの帯びたニキビ跡を改善できます。

 

肌再生を促す効果が高い為、治療期間も『3ヶ月程度』と短期間です。大体の方が、2週間に一度の治療(肌を休める為)を、5回〜6回行って完治しています。

 

費用は、保険適用外により、1回あたり『3万円〜8万円』が相場です。

 

副作用として、多少の『赤み』がしばらく続くことがありますが、治療後すぐにメイクができるので上手く隠せます。

 

レーザーピーリングの注意点は、『治療後は万全に紫外線対策を行う』です。

 

レーザーによる肌刺激が加わっている為、いつもより紫外線の影響を受けやすくなり、シミそばかすの原因になりますので、必ず日焼け止めクリームを塗って、紫外線対策を行ってください。

 

3.フォトフェイシャル(最適な症状:中度の紫色のニキビ跡、重度の赤黒いニキビ跡)

フォトフェイシャル

 

フォトフェイシャルの治療方法は、特殊な光を当てて、毛細血管の損傷や血液流出等のトラブルを改善するもので、紫色のニキビ跡や赤黒いニキビ跡にも効きます。

 

治療期間は、『5ヶ月程度』です。大体の方が、2週間に一度の治療(肌を休める為)を、10回前後行って完治しています。

 

費用は、保険適用外により、1回あたり『1万円〜5万円』が相場です。

 

副作用の心配はなく、安心して受けられる治療になっています。

 

注意点は、『フォトフェイシャルに向かない方に当てはまる場合は治療を控える』です。

 

申告せずに治療を受けますと、ヤケドや疾患の悪化を招く恐れがあります。

 

〜フォトフェイシャルに向かない方〜

  • 日光過敏症
  • 金の糸を入れている
  • 刺青やアートメイクをしている
  • 肌が弱く炎症を起こしやすい
  • 肌がデリケートになりやすい妊娠中
  • ペースメーカーの着用がある
  • てんかんの病歴がある
  • 持病に糖尿病や心疾患がある

赤みのあるニキビ跡の普段のスキンケア

ニキビケアにスキンケアはとても大切です

 

赤みのあるニキビ跡を治すには、ニキビ跡に効く化粧水やクリームを、『肌にしっかりと浸透』させて、有効成分をニキビ跡に届ける必要があります。

 

その為には、毛穴のメイク汚れ等を取り除く『洗顔』はもちろん、スキンケア前の『導入液(ブースター)』の使用もおすすめです。

 

ポイント導入液とは、『肌の表面や内部の角質層を柔らかくする目的』があります。スキンケアの前に塗ることで、後から塗る化粧水やクリームの浸透力が高まって、それぞれの効果が発揮されやすくなります。

 

いくらニキビ跡への有効性が高い化粧水やクリームを使っても、肌の奥まで隅々と浸透しなければ、効果は得にくくなりますので、洗顔や導入液を使って、しっかりと浸透させましょう。

おすすめの導入液(ブースター)

リプロスキン(ピカイチ)

リプロスキン

赤みのあるニキビ跡改善に効く、炎症抑制作用のある『グリチルリチン酸ジカリウム』がたっぷり含まれる導入液で、『化粧水』としても使える為、リプロスキンとクリームの使用だけでOKです。

 

ニキビ跡が悪化しないように、アルコールや保存料や鉱物油等が『無添加』なので、ニキビ跡にも安心して使えます。

 

公式サイトで購入できまして、120日間の返金保証制度も付きます。

 

ディープ プレ モイストエッセンス(フリープラス)

ディーププレモイストエッセンス

オタネニンジンエキスやナイアシンBなど『保湿成分』が豊富な導入液で、化粧水やクリームの浸透性を高めながら、乾燥対策も行ってくれます。

 

フリープラスは、肌に刺激となる添加物の配合が一切ない『低刺激処方』で、敏感肌の方でも肌荒れすることなく使えます。

 

公式サイト、楽天、アマゾン等でも購入可能です。

赤みのあるニキビ跡を悪化させない為に気を付けること

赤みのあるニキビ跡を悪化させない為に、『紫外線』・『食品添加物の含まれる食べ物』・『睡眠中の肌の擦れ』・『ストレス』に気を付けましょう。

 

× 紫外線

UVクリーム紫外線に当たると、肌を守る防衛反応として『メラニン色素』が生成されて、赤みのあるニキビ跡が、シミっぽい色素沈着として残ることがあります。

 

室内でも紫外線の影響は受けますので、外出しない時でも『日焼け止め』を塗って、紫外線対策を行いましょう。

 

× 食品添加物の含まれる食べ物

ニキビ跡を改善したい場合は、外食や食品添加物を避けて、自炊を心がけて!!

外食やコンビニで食事を済ませている方は、食品添加物の摂取量も増えて、肌再生を担う『亜鉛欠乏症』から、ニキビ跡が改善されにくく、悪化の可能性も高まります。

 

ファーストフード店やコンビニのお弁当などは、味付けや腐らせないための、『ポリリン酸』や『フィチン酸』という食品添加物が多く含まれていて、食品添加物による『亜鉛の排出』や『亜鉛の吸収阻害』が起きます。

 

亜鉛は、『肌再生』を行わせる為に必要なミネラルで、体内合成はできませんので、外食やコンビニでの食事を続けていますと、いつまで経ってもニキビ跡が改善されません。

 

それどころか、肌再生の滞りから『肌機能低下』がおきて、紫外線や細菌等の『刺激』を受けて、ニキビ跡悪化も招きやすくなります。

 

できるだけ、外食やコンビニは控えて、『自炊』するように心がけましょう。

 

× 睡眠中の肌の擦れ

無意識の睡眠時もお肌へのダメージが増えている可能性があるんです。

日頃から肌を触らないように気を付けていても、睡眠中に枕と肌が頻繁に擦れてしまえば、『肌刺激』を受けて、赤みがひどくなる可能性があります。

 

対策は、ニキビ跡に、『ニキビパッチ(ドラッグストアや楽天やアマゾン等で購入可能)』を貼って寝る方法がおすすめで、ニキビ跡が刺激を受けにくくなり、症状の悪化を防げます。

 

炎症抑制効果のあるパッチも多いので、『ニキビ跡の赤みを鎮める効果』も期待できるでしょう。

 

× ストレス

ストレスはお肌ケアの大敵!

ストレスを感じると、肌細胞にダメージを与える『活性酸素』が生成されて、炎症の悪化で赤みが目立ったり、防御反応によるメラニン色素の生成で、ニキビ跡がシミっぽく残ることもあります。

 

ストレス以外の、お酒やタバコでも活性酸素は生成されますので、『ストレス発散』を心がけて、『お酒』や『タバコ』も控えましょう。

まとめ

ニキビが治っても気になる赤みのあるニキビ跡…綺麗したいと思いませんか?

いかがでしたでしょうか?赤みのあるニキビ跡には、軽度・中度・重度の症状があり、早めに治すには、それぞれで最適な治療方法を行うことが好ましいです。

 

普段のスキンケアは、洗顔や導入液を活用して、浸透性を重視すると良く、十分なニキビ跡ケアに繋がります。

 

日常生活の中では、ニキビ跡悪化の恐れがある、紫外線、食品添加物、擦れ、ストレスにも気を付けますと、より完治までの期間が短くなります。

 

 

この記事を読んでいる人はコチラも読んでいます♪

 

赤みのあるニキビ跡を治す○の方法ニキビ跡ケアの為の正しい洗顔料の選び方と洗顔方法まとめ

 

赤みのあるニキビ跡を治す○の方法ニキビ跡を隠して悪化させないリキッドファンデの選び方

 

赤みのあるニキビ跡を治す○の方法ニキビ跡の改善の為のマルチビタミンの選び方

 

 

赤みのあるニキビ跡を治す○の方法

page top