ニキビ跡を消す方法の手引書

サリチル酸は古い角質を取り除く効果が高い

サリチル酸の効果をニキビ跡にも活かす為に

サリチル酸とは、皮膚科やクリニックのケミカルピーリング、ピーリング効果のある化粧品にも用いられる成分です。

 

肌表面の古い角質を取り除く効果が高く、加齢や乾燥やストレス等で低下しやすい、『ターンオーバー(肌再生)の促進』に働きかけます。

 

定期的なサリチル酸の使用で、正常な肌再生が繰り返されるので、『ニキビ跡の改善』が実感できます。

 

ニキビ跡の改善に有効的なサリチル酸ですが、すべてのニキビ跡に効く訳ではないので、ニキビ跡の症状に合わせて使うことが大切です。

サリチル酸で治療することができるニキビ跡の種類

サリチル酸で治療ができるニキビ跡は、『赤みのあるニキビ跡』『色素沈着したニキビ跡』です。

 

赤にきびニキビ跡の色素沈着

 

赤みと色素沈着は、肌表面のトラブルなので、サリチル酸でターンオーバーを促すことで、症状の改善が得られます。

 

逆に、『クレーター状のニキビ跡』や『ケロイド状のニキビ跡』は、ターンオーバーが行われない『肌内部のトラブル』なので効果はありません。

 

クレーターやケロイドに関しては、肌内部で起きているトラブルの再生に効く、MAXピールなどの『レーザー治療』が最適です。

 

→クレーター状のニキビ跡を治す方法

 

サリチル酸は、ニキビ跡の症状の中でも、肌表面に起きている赤みや色素沈着に有効的で、それ以外の肌内部で起きているニキビ跡は、機械を使った治療が良好となります。

皮膚科や自宅で行えるサリチル酸の治療方法一覧

サリチル酸の治療は、皮膚科だけではなく自宅でも行うことが可能です。
治療方法にもよりますが、『一年程度』で効果の実感が期待できます。

ただし、効果だけではなく、副作用のリスクが高い治療方法もあるので、納得した上で行ってください。

 

サリチル酸エタノールピーリング

ケミカルピーリング

皮膚科や美容クリニックで受けられるケミカルピーリングです。

 

一回あたりの値段は、『1万円前後』となります。

 

治療内容は、顔全体に専用の薬剤を塗布して、10分程度置いた後にふき取っていくものです。

 

従来あった、フルーツ酸の一種であるAHAを使った、グリコール酸ピーリングよりも、肌内部まで浸透するので、『高いニキビ跡改善効果』が得られます。

 

また、肌内部にある、真皮のコラーゲン生成も促される為、『浅い凹凸状のクレーター』であれば目立たなくなります。

 

副作用は、『痛み』や『炎症』という肌トラブルと、『耳鳴り』や『頭痛』や『めまい』などが報告されています。

 

サリチル酸マクロゴールピーリング

皮膚科や美容クリニックで受けられるケミカルピーリングです。

 

一回あたりの値段は、『1万円〜1万5千円』が相場となります。

 

サリチル酸エタノールピーリングよりも、安全性と有効性が高いので、『高いニキビ跡改善効果』がありながら、『副作用の心配がない』です。

 

ただし、敏感肌の方には、多少の『赤み』や『痛み』が出ることもあります。

 

サリチル酸ワセリン軟膏

ワセリン

皮膚科や美容クリニックで処方される軟膏で、自宅でケミカルピーリングが行えます。

 

一度の処方代金は、『千円前後』となります。

 

使用方法は、洗顔後(朝・晩2回まで)に、ニキビ跡に軟膏を薄くのばすだけです。

 

副作用のリスクは殆どありませんが、軟膏の濃度が10%など高い場合は、『かゆみ』『発赤』『熱感』を感じることがあります。

 

サリチル酸入りの洗顔料

洗顔の泡

ドラッグストアやネットで購入できる、サリチル酸入りの洗顔料(ロート製薬、コーセー、DHCなどから発売)を使って、『ピーリング効果』によるニキビ跡の改善効果を得られます。

 

使用時の注意点が二点あります。

 

一点目は、『週1回〜2回の使用に留める』です。
連日の使用は、古い角質だけではなく、新しい角質まで取り除かれて、肌機能低下から、紫外線や摩擦などの刺激を受けやすくなり、ニキビ跡の悪化を招きます。

 

二点目は、『使用後の十分な保湿』です。
サリチル酸を使った洗顔では、肌に必要な角質まで取り除かれる為、乾燥や肌のツッパリ感を起こしやすいです。

 

以上の注意点に気をつけながら、使用を行ってください。

妊娠中の使用は医師に相談をすること

妊娠中のサリチル酸の利用は医師に相談しましょう

妊娠中のサリチル酸の使用は、胎児の『奇形』の心配があるため、予め、医師に相談することが大切です。

 

一部の専門家の間で、サリチル酸の経皮吸収(皮膚からの吸収)が原因で、サリチル酸の『催奇性』から、妊娠中の胎児の『奇形リスク』を高めるのではないかという話があがっています。

 

確実な研究結果が出ている訳ではないですが、可能性が指摘されている限り、安全とは言い切れないので、妊娠中の使用は医師に相談した上で行ってください。

 

 

この記事を読んでいる人はコチラも読んでいます♪

 

ニキビ跡をサリチル酸で治療するための正しい知識ニキビ跡の色素沈着を治す全マニュアル

 

ニキビ跡をサリチル酸で治療するための正しい知識ニキビ跡の症状別の適切な保湿方法とその手順

 

ニキビ跡をサリチル酸で治療するための正しい知識ニキビ跡を治すために心得る生活習慣まとめ

 

 

ニキビ跡をサリチル酸で治療するための正しい知識

page top