ニキビ跡を治すために心得る生活習慣まとめ

ニキビ跡と生活習慣の関係性について

ニキビ跡と生活習慣の関係性

 

ニキビ跡を治すには、スキンケアや皮膚科の治療だけではなく、食事や睡眠や運動など『生活習慣』も大切です。

 

ポイントいくら高い化粧品や治療を行っても、栄養が偏った食事や浅い睡眠など『生活習慣が乱れている』場合は、肌再生に必要な栄養が摂れなかったり、再生も滞るので、なかなかニキビ跡が改善されません。

 

一方、『生活習慣が整っている』場合は、肌再生を担う栄養が摂取できたり、再生も十分に行われるので、ニキビ跡の改善がスムーズになります。

 

生活習慣を整えていくことは、心身の健康にも繋がるため、早速、本日から行っていきましょう。

ニキビ跡を治すために見直すべき生活習慣

ニキビ跡を治すには、『ニキビ跡を治す栄養の摂取』・『就寝後3〜4時間深い眠りにつく』・『日常生活内での運動』・『身体を温める』・『万全な紫外線対策』の5つが大切です。

 

ニキビ跡を治す栄養の摂取

ニキビ跡を治すには、肌再生のターンオーバーを『正常化』したり『促進化』する栄養が必要なので、積極的に補いましょう。

 

〜ターンオーバーの正常化&促進化に繋がる栄養と食べ物一覧〜

 

タンパク質・・・しらす干し、いわし、卵、豆腐、牛乳など

 

ビタミンA・・・にんじん、カボチャ、しそ、ほうれん草、うなぎ、卵黄など

 

ビタミンB1・・・豚肉、たらこ、明太子、いくら、グリンピース、焼き海苔など

 

ビタミンB2・・・納豆、卵黄、うなぎ、魚肉ソーセージ、チーズ、まいたけなど

 

ビタミンB6・・・にんにく、まぐろ、カツオ、さば、さんま、いわしなど

 

ビタミンC・・・赤ピーマン、ブロッコリー、いちご、レモンなど

 

ビタミンE・・・サンフラワー油、なたね油、フレンチドレッシング、カボチャなど

 

亜鉛・・・牛肉、牡蛎、チーズ、納豆、ごま、抹茶など

 

セラミド・・・こんにゃく、とうもろこし、ほうれん草、ヨーグルトなど

 

→食生活を見直して改善へ!ニキビ跡の対策に良い食べ物と悪い食品

 

就寝後3〜4時間深い眠りにつく

ニキビ跡を治すために心得る生活習慣まとめ

就寝時間に関係なく、就寝後3〜4時間、途中で目覚めないような深い眠りにつくと、『大量の成長ホルモン』分泌から、ターンオーバーが促されて、ニキビ跡が治りやすくなります。

 

深い眠りに付くコツは、『寝心地の良い寝具やパジャマ・寝る2〜3時間前までに食事や入浴を済ます・寝る前はスマホやパソコンをいじらない・照明を暗くする・リラックス効果のあるアロマ(ラベンダー)の活用』です。

 

日常生活内での運動

ニキビ跡を治すために心得る生活習慣まとめ

運動を行うと、全身の『血流が促進』され、ターンオーバーを担う栄養が肌に届きやすくなり、ニキビ跡の改善が促されます。

 

エレベーターを使わずに階段を使ったり、掃除に雑巾がけを加えるなど、日常生活内での運動は、お金がかからず手軽に続けやすいです。

 

身体を温める

運動同様、身体を温めると、全身の『血流促進』から、ターンオーバーを担う栄養が肌に届きやすくなって、ニキビ跡が改善されやすくなります。

 

〜簡単に身体を温める方法〜

 

  • ネックウォーマー、腹巻、靴下の活用
  • シャワーだけで済ませず湯船に浸かる
  • 就寝時は、シーツの上に毛布を敷く
  • 体を温める食材(ニンジン・生姜・れんこんなど冬が旬で寒い地域で採れるもの)を食べる
  • ホッカイロを持ち歩く(身体を温めるには首・手首・足首をあたためると良い)

 

万全な紫外線対策

UVクリーム紫外線を浴びると、皮膚がんから守るために、メラニン色素が生成して、ニキビ跡がシミっぽく残りやすくなります。

 

年間を通して、屋外はもちろん屋内にも紫外線は入ってくるので、外出しない日も『日焼け止め』を塗った方が良いです。

 

〜ニキビやニキビ跡を悪化させない日焼け止めの特徴〜

 

  • ニキビの原因のオイルが使われていない
  • ノンコメドジェニックテスト済みでニキビができにくいと証明されている
  • 肌刺激によるメラニン色素の生成を招く紫外線吸収剤が使われていない

ニキビ跡を治すためにやってはいけない生活習慣

ニキビ跡を治すためには、改善を滞らせる『食事を外食やコンビニで済ませる』・『タバコを吸う』・『お酒をよく飲む』・『ストレスをそのままにする』ことをやってはいけません。

 

× 食事を外食やコンビニで済ませる

ニキビ跡を改善したい場合は、外食や食品添加物を避けて、自炊を心がけて!!

料理をせずに、ファミレスやコンビニのお弁当などで食事を済ませていると、ニキビ跡の改善が滞ります。

 

外食やコンビニは、『食品添加物(ポリリン酸NAやフィチン酸など)』が多く、ターンオーバーを担う、亜鉛の『排出』や『吸収阻害』を起こして、肌再生を滞らせます。

 

忙しくてなかなか作れない方もいるかもしれませんが、ニキビ改善のためと思って、『簡単な料理』でも作りましょう。

 

× タバコを吸う

お肌のケアには煙草は絶対駄目!!

タバコが習慣になっている場合も、なかなかニキビ跡が治りません。

 

タバコを吸うと、『ニコチン』が血管を縮めて血流を悪くします。血流が悪くなると、ターンオーバーを担う栄養が肌に届きにくくなるので、ニキビ跡の改善が滞ります。

 

タバコの量をコントロールすることは難しいので、きっぱり『禁煙』することがおすすめです。

 

〜タバコをきっぱり禁煙する方法〜

 

  • 灰皿やライターなどを破棄する
  • 周りの人に禁煙宣言をする
  • 禁煙グッズに頼らない
  • タバコによる健康被害を見る(タバコ 肺がん レントゲン等をネット検索)
  • 吸いたい時は15秒数える
  • どうしても吸いたい時はタバコの代わりになるストレス発散法を行う(ガム、運動、音楽など)

 

× お酒をよく飲む

お酒も控えるようにしましょう

お酒をよく飲むことも、ニキビ跡改善には良くないです。

 

お酒に含まれるアルコールを『分解』する際に、ターンオーバーを担う『ビタミンA』『ビタミンB群』『ビタミンC』『ビタミンE』『亜鉛』が失われて、肌再生が滞ります。

 

付き合い程度でたまに飲む量であれば問題ないですが、晩酌が習慣化しているなど酒量が多い場合は、なるべく『控える』ように努めましょう。

 

× ストレスをそのままにする

ストレスはお肌ケアの大敵!

学校や仕事や人間関係などで感じるストレスをそのままにすると、ニキビ跡にも悪いです。

 

ストレスをそのままにすると、心身の機能を支える自律神経のうちの『交感神経』が高ぶり続け、血管収縮による血流低下が起きて、ターンオーバーを担う栄養が肌に届けられず、ニキビ跡の改善が滞ります。

 

ニキビ跡への影響だけではなく、ストレスは万病の元ですから、抱えているストレスを忘れるほど夢中になれることに没頭して、『ストレス発散』を心がけましょう。好きなテレビや映画を見る、友人とのお喋り、カラオケ、ゲーム、ダンス、絵、楽器などがおすすめです。

 

食事では、『ビタミンC(野菜や果物)』の摂取がおすすめとなります。ビタミンCは、交感神経の高ぶりを抑えて、ストレス緩和と供に肌再生の滞りを防止します。

まとめ

ニキビ跡の改善には正しい生活習慣を!

生活習慣を整えると、ニキビ跡の改善が促されるようにもなるのでスキンケアや皮膚科の治療との相乗効果が期待できます。

 

ニキビ跡に悪い習慣もやめていくことが大切で、ニキビ跡の改善を滞らせる原因になります。

 

身体の細胞や器官などは、4ヶ月間で変わっていくので、三日坊主にならず続けていくようにしましょう。

 

 

この記事を読んでいる人はコチラも読んでいます♪

 

ニキビ跡を治すために心得る生活習慣まとめニキビ跡の改善の為のマルチビタミンの選び方

 

ニキビ跡を治すために心得る生活習慣まとめ赤みのあるニキビ跡を治す○の方法

 

ニキビ跡を治すために心得る生活習慣まとめ色素沈着化したニキビ跡を皮膚科で治療する為の基礎知識まとめ

 

 

ニキビ跡を治すために心得る生活習慣まとめ

カテゴリートップへ

関連ページ

マルチビタミンの選び方
ニキビ跡を改善するためのマルチビタミンに入っていたほうが良い成分と選び方
page top