ニキビ跡を綺麗にカバーできるミネラルファンデーションの選び方

ミネラルファンデーションで隠すことができるニキビ跡の種類

ニキビ跡を綺麗にカバーできるミネラルファンデーションの選び方

 

ミネラルファンデーションで隠せるニキビ跡は、症状の軽い『薄い赤みのニキビ跡』・『薄い色素沈着のニキビ跡』・『凹凸が目立ちにくいクレーター状のニキビ跡』です。

 

ミネラルファンデーションとは、肌に負担のある界面活性剤、シリコン、油剤などの添加物の配合がない、『ミネラル(天然鉱物)』のみで作られたファンデーションです。

 

ニキビ跡の悪化の心配がないですが、顔に付く色素の『顔料』の配合は多くないので、『カバー力は低い』です。

 

その為、隠せないニキビ跡もあり、『重度の赤みのニキビ跡』・『濃い色素沈着のニキビ跡』・『凹凸が目立つクレーター状のニキビ跡』には不向きとなります。

 

これらの症状が目立つニキビ跡に関しては、カバー力が高い、『リキッドファンデーション』や『BBクリーム』や『コンシーラー』の使用が最適です。

 

ミネラルファンデーションは、肌に負担を与えずにニキビ跡を隠せますが、カバー力は低いので、症状が目立つニキビ跡への使用はおすすめできません。

成分で判断するニキビ跡を悪化させないミネラルファンデーションの選び方

ニキビ跡を綺麗にカバーできるミネラルファンデーションの選び方

ニキビ跡を悪化させない為に、ミネラルファンデーションを選ぶ際は、『成分確認』を行ってください。

 

成分確認時に、『合成添加物』の配合があった場合、ニキビ跡の悪化を招くファンデーションということになります。

 

合成添加物とは、食べられない『石油』や『薬品』等から作られています。肌に使用を続けると、タンパク質からできている肌細胞の破壊が進んで、肌を守る『バリア機能が低下』します。

 

低下したバリア機能は、紫外線や摩擦などの『肌ダメージ』を受けやすくなり、二キビ跡も悪化しやすくなります。

 

化粧品開発に携わるプロの間でも、合成添加物は問題になっていて、「肌を守るために合成添加物の使用は避けた方が良い」など声が多数あがっています。

 

その為、ミネラルファンデーションを選ぶ際は、販売サイトやパッケージ裏に記載されている全成分を確認して、合成添加物の配合がないかどうかを必ず確認しましょう。

 

 

〜ニキビ跡を悪化させる合成添加物一覧〜

 

× 合成界面活性剤

合成界面活性剤は水と油を混ぜます。
パレスー3硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸アンモニウム、スルホン酸ナトリウム、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩など多数あります。
成分名に、『硫酸』『ナトリウム』『アンモニウム』『ラウリル』が入っている場合は要注意です。

 

× 合成ポリマー

肌を滑らかにするために使われます。
パラフィン、カルボマー、ジメチコン、セルロース、アクリル酸、メタクリル酸、シロキサンがあります。

 

× 合成香料

香り付けとして使われます。
成分名は、天然添加物であっても『香料』なので、販売先のお客様窓口などでのお問い合わせが必要です。

 

× 合成防腐剤

製品を腐らせないために使われます。
主に、パラベン、フェノキシエタノール、サルチル酸、安息香酸、ソルビン酸、ベンジルアルコール、EDTAが合成防腐剤です。

 

× タール色素

色付けやツヤ出しとしても使われます。
成分名は、赤色○号、黄色○号、青色○号と、○の中には40や105などの数字が入ります。

おすすめのミネラルファンデーション

薬用ルーセントファンデーション(オンリーミネラル)

薬用ルーセントファンデーション

敏感肌でも使える化粧品ブランドのオンリーミネラルのミネラルファンデーションです。

 

ミネラルに加えて、赤みのあるニキビ跡の炎症を抑える、薬用成分『グリチルリチン酸ジカリウム』が配合されています。

 

グリチルリチン酸ジカリウムとは、厚生労働省より安全性と有効性が認可されている薬用成分で、炎症抑制効果が、赤みのあるニキビ跡の炎症を緩和します。

 

公式サイト、楽天、アマゾン等でも購入可能です。

 

ミネラルファンデーション(レイチェルワイン)

ミネラルファンデーション

口コミサイトで人気の高いミネラルファンデーションです。

 

ミネラルの粒子が細かく、毛穴に入り込みやすいので、高いカバー力が期待できます。

 

また、化粧崩れの原因となる皮脂を、粒子が吸着するほどに肌にピタッと付くので、化粧崩れも起きにくいです。

 

公式サイトから購入できます。

ニキビ跡をしっかりカバーするミネラルファンデーションの使い方

ミネラルファンデーションを正しく使うことで、ニキビ跡へのカバー力が高まったり、乾燥やムラや化粧崩れなども防止できます。

 

化粧水と乳液で保湿する

ミネラルファンデーションは、日焼け止めや下地の役割も果たしますが、保湿効果はないので、そのまま付けると『乾燥』を起こします。

 

その為、事前に化粧水と乳液を使って、『保湿』を行います。

 

保湿のやり方は、化粧水と乳液を肌に馴染ませて、手全体でやさしく肌に押し込む『ハンドプレス』を行います。

 

保湿の際の注意点は、『ハンドプレスをしっかり行う』です。

 

ハンドプレスが不十分で、肌表面にベタベタ感などが残ったままの場合、ミネラルファンデーションをキレイに塗れずにムラになったり、化粧崩れも起きやすくなります。

 

ムラをなくして、化粧崩れを防止する為にも、ハンドプレスを十分に行いましょう。

 

ミネラルファンデーションを塗る

ミネラルファンデーションは、顔全体に塗ってニキビ跡に重ね付けすると、カバー力が高まります。

 

外出先での化粧直しも同じ手順なので、塗る際に必要になる『ミネラルファンデーション』『ブラシ』『アイシャドウ用チップ』を携帯しておくと良いです。

 

手順1 ブラシに粉を付ける

ミネラルファンデーションの容器の蓋またはティッシュの上に、『耳かき一杯分』の粉を出します。

 

付属のブラシを、粉に軽く押し付けながらクルクルと回して、まんべんなくブラシに粉をつけます。

 

注意点は、耳かき一杯分と『少量』を出すことです。
多量に出すと、ブラシに粉が多く付いて、仕上がりが粉っぽくなります。

 

手順2 顔全体に粉を塗る

ブラシを使って『円を描く』ように、頬・おでこ・鼻・あご・フェイスラインに粉を塗ります。

 

注意点は、『円を描きながらブラシを動かす』です。
ブラシを縦や横に動かすだけの場合、粉が毛穴に入り込まず、肌に乗るだけになって、粉っぽい仕上がりになります。

 

手順3 ニキビ跡に重ね付け

ニキビ跡部分に、アイシャドウ用チップに付けた『少量の粉』を、『置く』ように重ね付けします。

 

注意点はが二点あります。

 

一点目は『少量の使用』です。
多めに粉を使うと、ニキビ跡だけ色が変わって目立ってしまいます。

 

二点目は、『粉を置くように重ね付けする』です。
ニキビ跡を隠そうと、何度も塗り込んでしまうと、アイシャドウ用チップに粉移りがおきて、ニキビ跡が隠れなくなります。

ニキビ跡の負担にならないミネラルファンデーションの落とし方

ニキビ跡を綺麗にカバーできるミネラルファンデーションの選び方

ミネラルファンデーションは、油分が含まれていないため、クレンジング剤が不要なので、石鹸や洗顔フォームなど『洗顔料』で落とします。

 

落とし方によっては、ニキビ跡の悪化を招くこともあるので、正しい落とし方を行ってください。

 

〜ニキビ跡の負担にならない正しい落とし方〜

 

ぬるま湯で顔をすすぐ

32度〜34度のぬるま湯で、顔を数回すすぎます。

 

毛穴が開くので、ミネラルファンデーションが落ちやすくなります。

 

洗顔料をしっかり泡立てる

洗顔料をしっかり泡立てることで、洗顔時の肌と指先の摩擦が軽減するので、肌ダメージによるニキビ跡悪化が防げます。

 

泡立てる方法は、100均やドラッグストアで売っている『泡立てネット』を使って、洗顔料と少しの水を混ぜて泡立てます。

 

泡を使った洗顔

顔全体に泡をのせて、指先ではなく泡で円を描くように洗顔します。

 

注意点は、『肌を擦らない』ことです。

 

ゴシゴシと擦り洗いした場合、摩擦ダメージが肌に伝わって、ニキビ跡の悪化原因になります。

 

すすぎ

32度〜34度のぬるま湯で、泡がなくなるまですすぎを行います。

 

すすぎが終わりましたら、タオルでやさしく抑えるように水気を拭きます。

まとめ

皆らるファンデーションを正しく使うことでニキビ跡をやさしくカバーすることが可能です!

いかがでしたでしょうか?
ミネラルファンデーションは、ニキビ跡の症状が軽い『薄い赤みのニキビ跡』・『薄い色素沈着のニキビ跡』・『凹凸が目立ちにくいクレーター状のニキビ跡』を隠すのに最適となります。

 

肌に負担がない分、カバー力は低いですが、使い方によってはニキビ跡へのカバー力が高まるので、『ニキビ跡をしっかりカバーするミネラルファンデーションの使い方』を参考にしてみて下さい。

 

落とす際も、ニキビ跡の負担にならないように、正しい落とし方の実践も忘れないようにしましょう。

 

ポイント基本的に、ミネラルファンデーションは、他のファンデーションと比べて、肌への負担がないですが、『合成添加物』の入ったミネラルファンデーションに関しては、ニキビ跡悪化の恐れがあります。

 

その為、購入する際は、成分を確認した上で行うことが大切です。

 

 

この記事を読んでいる人はコチラも読んでいます♪

 

ニキビ跡を綺麗にカバーできるミネラルファンデーションの選び方水洗顔が良いニキビ跡の症状と正しい水洗顔の方法とケア

 

ニキビ跡を綺麗にカバーできるミネラルファンデーションの選び方ニキビ跡に化粧水はどれが良い?改善するための化粧水ベスト5!

 

ニキビ跡を綺麗にカバーできるミネラルファンデーションの選び方色素沈着化したニキビ跡を皮膚科で治療する為の基礎知識まとめ

 

 

ニキビ跡を綺麗にカバーできるミネラルファンデーションの選び方

カテゴリートップへ

関連ページ

リキッドファンデの選び方
ニキビ跡を隠しながら悪化させない為のリキッドファンデーションの選び方や使い方の正しい知識をまとめました。
page top