ニキビ跡 保湿クリーム

ニキビ跡を消す方法 > ニキビ跡の改善に最適なおすすめの保湿クリーム

ニキビ跡の改善の為の保湿クリーム重要性

ニキビケアには仕上げの保湿クリームも大切です

 

ニキビ跡の改善の為に、化粧水と仕上げの『保湿クリーム』を使った保湿も重要です。

 

化粧水の役割は、『ニキビ跡の症状改善』です。化粧水に含まれる、炎症抑制成分がニキビ跡の赤みを抑えたり、メラニン除去成分が色素沈着を取り除いたりと、ニキビ跡の症状改善に役立ちます。

 

保湿クリームの役割は、『肌再生のターンオーバー正常化』です。保湿成分が、紫外線や摩擦等の外部刺激から守るバリア機能を保護すると、ニキビ跡の改善がスムーズに行われます。

 

ニキビ跡を治す為には、化粧水と保湿クリームのそれぞれの役割が必要なので、ダブル使いでニキビ跡ケアをしていきましょう。

ニキビ跡の改善の為に保湿クリームに入っていたほうが良い成分

保湿クリーム多数ある保湿成分の中で、ニキビ跡に効く成分は、『セラミド』・『ヒアルロン酸』・『ビタミンC』・『プラセンタ』の4つです。

 

セラミド

セラミドは、『ターンオーバー正常化』で、ニキビ跡の改善を強力にサポートします。

 

細胞間脂質のセラミドが、肌細胞の隙間に入り込むと、肌内部の水分が閉じ込められると同時に、『バリア機能』も高まります。

 

バリア機能が高まると、紫外線、摩擦、ホコリ、細菌などの外部刺激を受けにくくなる為、ターンオーバーもしっかり行われて、ニキビ跡が改善されやすくなります。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、『ターンオーバー正常化』で、ニキビ跡の改善サポートに役立ちます。

 

粘り気のあるヒアルロン酸が、肌細胞の隙間に浸透すると、水分保持とともに『バリア機能』も担います。

 

バリア機能が正常な場合、紫外線や摩擦等の外部刺激から守られるので、ターンオーバーが邪魔されることなく行われて、ニキビ跡がしっかり改善されます。

 

ビタミンC

ビタミンCは、『ターンオーバー促進化』から、ニキビ跡の改善を促します。

 

肌にビタミンCが浸透すると、肌内部の『コラーゲン生成が活発化』するのをきっかけに、ターンオーバーも促進します。

 

ターンオーバーは、加齢や生活習慣の乱れなどが原因で、滞りやすいものなので、ビタミンCで促進化してあげることが大切です。

 

プランセンタ

プラセンタは、『ターンオーバー正常化&促進化』による、ニキビ跡の改善効果が高い成分です。

 

肌にプラセンタが浸透すると、ヒアルロン酸生成から、『バリア機能が向上』して、ターンオーバーが正常に行われます。

 

プラセンタには、古い角質を剥がれやすくして、『肌の生まれ変わりを促す効果』もあるので、ニキビ跡が改善されやすくなります。

保湿成分とコスパで判断する!ニキビ跡に良い保湿クリームベスト3

メディプラスゲル(メディプラスオーダーズ)

メディプラスゲル

敏感肌でも使用できる低刺激コスメで、『全62種類』の美容成分の中には、ニキビ跡の改善に有効的な、セラミド、ヒアルロン酸、ビタミンC、プラセンタもしっかり含まれています。

 

『温泉水』がベースため、成分の浸透性とともにニキビ跡の改善効果も高いです。

 

一本で、化粧水・乳液・クリーム・美容液の『4役』を果たす優れものです。

アヤナス AS クリーム(ディセンシア)

アヤナスASクリーム

ニキビ跡の改善に有効的な『セラミド』をはじめとした、バリア機能の向上成分をたっぷり含んだ『濃密』保湿クリームです。

 

『リラックス効果』も高く、まろやかなテクスチャーが肌にやさしく馴染み、心身の緊張をほぐす、天然植物由来のゼラニウムやカミツレが香ります。

 

肌に害となる添加物の配合が一切ないので、敏感肌の方でも安心して使えます。

プレミアムピュアヴェール(mamanoa)

プレミアムピュアヴェール

天然素材のみを使用した、化粧水やクリーム等の重ね付け不要の『オールインワン』です。

 

シワやたるみ等の年齢肌に効く、40種類以上の美容成分の中には、ニキビ跡の改善に有効的な、セラミド、ヒアルロン酸、ビタミンC、プラセンタもしっかり含まれています。

 

保湿効果が高いものの、クリームにありがちなもったり感がなく『軽い付け心地』です。

保湿クリームの正しい使い方

保湿クリームの効果を十分に得て、ニキビ跡を改善させるには、正しい使い方の実践が必須となります。

 

〜正しい使い方〜

 

洗顔

洗顔により、毛穴のメイク汚れ等を落としておくことで、化粧水と保湿クリームが浸透しやすくなります。
朝は、ホコリや皮脂程度でメイク汚れはない為、洗顔料を使わずに『水洗顔(別記事で紹介)』だけでOKです。

 

化粧水や保湿クリームの浸透

最初に、顔全体に塗布しやすいコットンを使って、化粧水をやさしく押し込むように浸透させます。
次に、保湿クリームを手にとって、指先で顔全体に馴染ませます。

 

ハンドプレス

化粧水と保湿クリームの浸透性を高めて、効果を底上げする為にも、ハンドプレスを行います。
ハンドプレスのやり方は、肌表面のべたつきやヌルつきがなくなるまで、手のひらを、頬やオデコと顔全体にやさしく押し込みます。

まとめ

ニキビ改善に保湿クリームの大切さお判り頂けましたでしょうか?

いかがでしたでしょうか?
ニキビ跡を治すには、化粧水だけではなく仕上げの保湿クリームで、保湿ケアをすることが大切となります。

 

保湿成分の中で、セラミド・ヒアルロン酸・ビタミンC・プラセンタは、ニキビ跡への有効性が高いので、これらの保湿成分が含まれたクリームを使うと良いです。

 

クリームの使い方は、『保湿クリームの正しい使い方』を参考にして頂ければと思います。

 

 

ニキビ跡の改善に最適なおすすめの保湿クリームと正しい選び方

ニキビ跡の改善に最適なおすすめの保湿クリームと正しい選び方記事一覧

ニキビ跡の症状別の適切な保湿方法とその手順

ニキビ跡の症状別の適切な保湿方法とその手順

保湿は、肌機能の『ターンオーバー(肌再生)を正常化』する為、ニキビ跡を改善する上で重要です。保湿を行う際は、化粧水と保湿クリームの併用が必須となります。化粧水は、『水分と保湿成分を与える』役割があり、洗顔料や石鹸等で失われた、肌本来の水分と保湿成分が補えます。保湿クリームは、『肌に油分で膜を張る』役...

続きを読む

page top